剥がせば元に戻せる車のラッピング…そのメリット・デメリットは?

剥がせば元に戻せる車のラッピング…そのメリット・デメリットは? 車の車体を好きなようにデザインできるのがラッピングです。これはビニール製のカラーフィルムを車体に貼るだけで、好きな色やデザインにできるメリットがあります。
しかも剥がせば元の状態に戻るので、下取りに出す際には査定額が高くなります。しかも走行中の飛び石などから車体を守る効果もあります。細かな傷がつくことを防ぐことができるわけです。
さらに紫外線からも本来の塗装を保護してくれます。ペンキは紫外線を受けることで劣化し、色褪せていきます。
けれどもラッピングを施すことで紫外線を遮断し、購入当時のカラーのままで保護することができます。一方でデメリットとしては、施工する人の技術によって仕上がりの品質が異なることです。
特にカーブのラッピングは熱を加えながら行うことで、下手な人が行うとビニールが伸びてしまいます。
また高度な技術を持つお店に頼むと、料金がかなり高くなることもデメリットと言えます。
さらに上手く剥がさなければ塗装も一緒に剥がしてしまうことがあるので注意が必要です。

車のラッピング価格とフルラッピング耐久性

車のラッピング価格とフルラッピング耐久性 車のボディーカラーを変えたいという場合、再塗装を思い浮かべる方が多いことでしょう。
しかし、塗装ではなくラッピングという方法があります。これは特殊なフィルムで包んでしまう方法で、純正にはないカラーに仕上げることができたり、ボディの傷防止になったり、剥がせば元に戻せるなど色々なメリットがあります。
価格についてはフルラッピングをした場合、軽自動車で35万円前後~、小型が40万円前後~、中型が45万円前後~、大型が55万円前後~となります。
ショップによっても価格は異なります。
また全体ではなくルーフのみ、あるいはボンネットのみというように部分的なラッピングも可能です。部分的に行うとアクセントになってかっこ良く、費用も抑えることができます。
フルラッピングした場合の耐久性については、使用状況によって変わってきますが、おおよそ3年~5年程度と考えると良いでしょう。
ただ使用状況が悪いと、3年以内でも寿命を迎えてしまうこともあります。



新着情報

◎2017/10/17

ラッピング車両のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/22

ラッピングフィルムの耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

価格と耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

車の宣伝効果
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

車のラッピングのやり方
の情報を更新しました。

「車 価格」
に関連するツイート
Twitter

【ミニカー】エブロ 本日入荷新製品! 「1/43 ThreeBond 日産自動大学校 GT-R SUPER TAIKYU 2018 No.24」 タムタム価格:¥7,020+税 店頭にて絶賛販売中です! #エブロ #SUPER_TAIKYU #スリーボンド #日産自動大学校 #GT_R pic.twitter.com/x8EoWUa15S

Twitterタムタム相模原店@tamtamsagami

返信 リツイート3 9分前

セレナe-powerが新乗り出し価格約400万😱バンドワゴンや機材、通勤にもいいかなと思ったが、高すぎるよ😭

の下取り価格を調べたら、安すぎてびびる。 新で300万ぐらいで買って、9年で10万ぐらいになるって悲しい。 用の貯金が400万ぐらい貯まったので、また300万ぐらいのを買って、ナビとかいろいろ取り付けて予算内に収めたい。 余ったら、次回ののために貯金するw

欲しい価格が下がりつつある、次の検までにFMCされたら買い替えか

【スバル 360】 1958年に発売された軽自動。手ごろな価格で良い性能。国民と言っても良いでゲソ。 スポーツモデルやオープンモデルもあったのでゲソよ。 pic.twitter.com/9fxmLgv9tc

Twitterイカ娘の自動車紹介bot@ikacarbot

返信 リツイート 19分前

と一緒よね カタチにこだわらないで機能と価格で選ぶなら選択肢はいろいろある

返信先:@masa02190643 機会を見つけて、試乗してみたいと思います(^^) 価格の高騰、維持費などの関係で所有が難しくなっているですが、いつかは所有したいです。

Twitterとうほくバス案内@0fHqngN3wUL9uFa

返信 リツイート 47分前

エネルギー革命(1960s)→エネルギーの主役が石炭から石油に 理由:石油が、石炭に比べて、・発熱量が大きく、・貯蔵や輸送が容易、で・自動が普及し燃料としての需要が増え、・WWⅡ以降に西アジアやアフリカなどで油田が開発されて供給量が増え価格が低下した、から。

【Roadster (MAZDA)】 国産で唯一のFRオープンスポーツのロードスターは現行型で3代目。パワーの盛り上がり感やエンジンサウンドが心地よい走りを提供。 《燃費》12.6km/L 《排気》2.0L 《価格》233万円 pic.twitter.com/L6vCmjSM3I

Twitter車好きにはたまらない@car___lover

返信 リツイート 49分前

フォード マスタング V8 GT アピアランス パッケージ 限定20台です。お手頃価格の510万円!! 届きそうで届かない値段が高級なんです。。。 pic.twitter.com/GosZwRibdl