剥がせば元に戻せる車のラッピング…そのメリット・デメリットは?

剥がせば元に戻せる車のラッピング…そのメリット・デメリットは? 車の車体を好きなようにデザインできるのがラッピングです。これはビニール製のカラーフィルムを車体に貼るだけで、好きな色やデザインにできるメリットがあります。
しかも剥がせば元の状態に戻るので、下取りに出す際には査定額が高くなります。しかも走行中の飛び石などから車体を守る効果もあります。細かな傷がつくことを防ぐことができるわけです。
さらに紫外線からも本来の塗装を保護してくれます。ペンキは紫外線を受けることで劣化し、色褪せていきます。
けれどもラッピングを施すことで紫外線を遮断し、購入当時のカラーのままで保護することができます。一方でデメリットとしては、施工する人の技術によって仕上がりの品質が異なることです。
特にカーブのラッピングは熱を加えながら行うことで、下手な人が行うとビニールが伸びてしまいます。
また高度な技術を持つお店に頼むと、料金がかなり高くなることもデメリットと言えます。
さらに上手く剥がさなければ塗装も一緒に剥がしてしまうことがあるので注意が必要です。

車のラッピング価格とフルラッピング耐久性

車のラッピング価格とフルラッピング耐久性 車のボディーカラーを変えたいという場合、再塗装を思い浮かべる方が多いことでしょう。
しかし、塗装ではなくラッピングという方法があります。これは特殊なフィルムで包んでしまう方法で、純正にはないカラーに仕上げることができたり、ボディの傷防止になったり、剥がせば元に戻せるなど色々なメリットがあります。
価格についてはフルラッピングをした場合、軽自動車で35万円前後~、小型が40万円前後~、中型が45万円前後~、大型が55万円前後~となります。
ショップによっても価格は異なります。
また全体ではなくルーフのみ、あるいはボンネットのみというように部分的なラッピングも可能です。部分的に行うとアクセントになってかっこ良く、費用も抑えることができます。
フルラッピングした場合の耐久性については、使用状況によって変わってきますが、おおよそ3年~5年程度と考えると良いでしょう。
ただ使用状況が悪いと、3年以内でも寿命を迎えてしまうこともあります。



新着情報

◎2017/10/17

ラッピング車両のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/22

ラッピングフィルムの耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

価格と耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

車の宣伝効果
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

車のラッピングのやり方
の情報を更新しました。

「車 価格」
に関連するツイート
Twitter

RT @usagi_PI_1030: DUCATIがパニガーレV4Rの日本国内発売日を発表!価格はこれでも破格? rock-tune.com/2019/06/11/197… @motorcycle_navi?lang=jaより で言えば、初代NSXとか第二世代GT-R nismoとか限…

Twitterバイクまじめニュース!!@motobijyo

返信 リツイート 6分前

93年式~95年式で4万キロ以上+減算歴の平均をだすとおよそ93万。私のゼファーはこの1年以内にタイヤ、メーター、スプロケット、チェーン、ハブダンパー、エンジンプラグなどを変えてあるし、検も残っている。価格としてはこちらは100万を要求することにする。

アウディA5もそこそこ価格が落ちてきてるし、輸入へ移り変わっても良いような気もしないでもない。 pic.twitter.com/glr50nYukQ

Twitterくまモンのファン@7uMhjbnceMepXHq

返信 リツイート 16分前

返信先:@kentaro_s1980 売れないから価格を下げる。 売れれば、価格が上がっても売れる。 要は、購買力が高くなればいいだけだ。 が売れないのは、なぜかを考えたことがないのだろうか。

点火機構?そんなものをつけてしまっては機関の値段が上昇し、馬匹の代替を目指すわが新型機関にはふさわしくない価格設定になってしまうではありませんか。

ホイールの値段だけで販売価格の8割以上を占めると話題のBASSO VIPER105 KSYRIUM PRO EXALITH完成が510サイズ・530サイズ店頭展示中ですよー! ekanzaki.com/products/detai… これ1台買っておけば(カーボンホイールが欲しくならない限り)ホイールを変えることも無いですので、とっても経済的です♪(?)

Twitterサイクルショップカンザキ菅原本店@honten_kanzaki

返信 リツイート 23分前

時速240キロで空を駆け抜ける世界初の空飛ぶバイクが予約受付開始。価格は約4247万円。あと10年、20年もすれば運送も含め移動は全部ドローン型のやバイクが主流になるんだろうなぁ #Azumi #澤亜澄 pic.twitter.com/5j9PHxRgsM

Twittercc@スカッとすっきり^^@seloises25999

返信 リツイート 25分前

通勤快速軽号を替えるか否かが解決せぬ中、親父の体調不良と息子氏のどっか連れてけニーズを満たすべく、某屋内輸入展示店舗に出掛けると、輸入の3年落と軽の新価格がそんなに変わらないことに気付き(勿論モデルによる)悩みは尽きませぬ。208やらトゥインゴかわいい‥

エリーゼ以外に欲しいが V6エキシージ マクラーレ650S アストンマーティン ヴァンテージ この3台なんだけど、価格と維持費を考えるとエキシージに軍配が上がる。

RT @TREKJapan: トレックはグローバルの生産体制において、ハイエンドのリムブレーキモデルの生産を終了いたしました。今後の追加生産も予定されていません。 現在、Project Oneのリムブレーキモデルの完成、フレームセット共に、税抜価格から56,000円を割引す…